予防歯科

虫歯にならない歯をつくる

「歯をみがいているのに虫歯になる」 … そう思ったことはありませんか。
虫歯になりやすい方、なりにくい方、たくさんの方々を見てきましたが、そもそも虫歯の根本的な原因は何でしょう?歯みがきをしなかったからでしょうか?甘いものを食べすぎたからでしょうか?

実はそのどちらでもなく、答えは「細菌感染」によるものなのです。
虫歯を作る細菌=ミュータンス菌や虫歯を広げるラクトバチラス菌が口腔で増殖し、それが原因で歯を溶かし、穴が開いたものが虫歯なのです。

みと歯科・矯正歯科では虫歯の原因である細菌を除去して虫歯にならない治療をおこなっています。

歯に優しい治療・予防法「GBT」

従来の治療法と新しい予防システムGBT

これまでの治療法
従来のメンテナンスは「歯石」に着目し、スケーリングやルートプルーニング等の歯石除去をおこない、それによって痛みを引き起こしたり歯を傷つけるリスクもありました。
また、消毒剤や抗菌剤・研磨剤等を使用し、重度の歯周病患者には外科手術がおこなわれます。従来の治療法では高齢者の方や妊婦の方に対するリスクが非常に高く健康な方であってもリスクを伴っていました。
新予防システム「GBT」
GBT(Guided Biofilm Therapy)とは、従来の歯面掃除(歯石除去)とは違い「バイオフィルム(虫歯・歯周病の原因)」を除去できる新しい予防システムです。
バイオフィルムを見えるよう染出しすることで容易に除去することが可能になりました。

バイオフィルムとは

バイオフィルムとは、歯の表面に溜まる歯垢(プラーク)のことを言います。日常生活で見かけるバイオフィルムは、台所やお風呂の排水のネバネバしたものだと思ってもらえればイメージしやすいかと思います。口の中で言うと、しっかりと付着して剥がれにくい細菌の塊で、ネバネバした膜・プラークのことです。この膜には、細菌が多く潜んでおり、むし歯や歯周病の原因となります。

GBTは何が違うのか

GBTは「バイオフィルム」に着目しており、消毒剤や抗菌剤・研磨剤を使用しない歯にとって優しい治療法です。
エアフローという機器を使って特殊なパウダー(エリスリトールや重曹を含有)を吹き付けてバイオフィルムを優先的に除去します。歯肉や歯にダメージを与えないため、体に優しく痛みもほとんどありません。

また特殊な症例を除き基本的に外科手術もおこなわないため、全ての患者様に対して安全で確実な歯周病治療が可能となります。
矯正治療中の方、入れ歯をしている方、審美歯科治療をしている方、インプラントが入っている方等、様々な治療ケースにも対応でき、お子さんの虫歯予防にも効果的です。

唾液検査

口腔環境を分かりやすくグラフ化

プラークコントロールを熱心に取り組んでいても、虫歯を発症する人がいます。虫歯の原因となる細菌数や唾液の性質、分泌量の差、食生活の違いなど口腔環境は人により異なるからです。

唾液検査用装置SiLL-Haによる唾液検査は、口腔環境を分かりやすくグラフ化し数値化することができます。
患者様がご自分の口腔環境を理解し治療や予防に対するモチベーションの向上に寄与するだけでなく、術者も画一的な指導から、その人にあった指導が可能になります。